自社ローンはブラックの状態でも借りられる?

自社ローンはブラックの状態でも借りられる? 自社ローンは、中古車販売業を中心に用いられている車の購入方法で、販売会社独自で行うローンです。
自社ローンの基準は販売会社ごとで違いがあります。
勤務先の規模や勤続年数を重視する所もありますし、担当者と面談して信頼のできる人物かチェックをして決める場合もあります。
しかし、信用情報を参照しないので、過去に借入やクレジットカード等の支払いができずに債務整理や延滞等の金融事故を起こしている、いわゆるブラック状態の方でも審査に通る可能性は高くなるでしょう。
ただし、自社ローンを利用する場合には一定の制約がありますので注意してください。
まず、保証人を立てる必要があります。
親や兄弟のように非常に近い関係の方が求められることがあるでしょう。
貸し倒れのリスクを避けるために、高額なローンが組めないことがあります。
利用限度額が約10万円くらい?100万円台中盤までとしている会社が多いので、高額な車は購入できない場合があります。

自社ローンは保証人なし・頭金0でも審査が通るのか

自社ローンは基本的には保証人なしです。
本人の属性に不安がある場合には連帯保証人を求められることもあります。
頭金はゼロでは厳しいでしょう。
自社ローンで借りられる金額の上限は会社によって異なりますが、50万円もしくは100万円となっていることが多いです。
上限が50万円となっていて、80万円の中古車を購入するケースなら、頭金として30万円以上は用意しなければなりません。
例外的に、40万円くらいの安い中古車を購入するなら頭金ゼロでも審査に通る可能性はあります。
ただし、ローンを余裕をもって返済できるだけの収入があることが条件となるでしょう。
自社ローンでは保証人は必要ないケースが多いものの、保証会社がつく可能性が高いです。
金利はゼロですが、保証料として12%~20%程度がかかるため、結果的にはディーラーでローンを組むよりもコストが高くついてしまう傾向です。
保証人なし・頭金0で審査に通るかどうかはケースバイケースですが、準備金は多く用意しておいたほうが審査に通る可能性は上がります。