自社ローンはほんとうに低金利なのか?

自社ローンはほんとうに低金利なのか? 自社ローンでは、金利がゼロで組めるところもあります。
しかし、金利がゼロだったり、銀行よりも低金利だったとしてもそれだけでお得だと判断するのは早いです。
高額な手数料がかかったり、たった一回の延滞があるだけでも自動車を引き上げられるという契約だったり、なにか落とし穴があることもあります。
また、自動車の価格にすでに手数料分が上乗せされていることもあります。
一般的には、自社ローンよりも銀行の自動車ローンやディーラーローンのほうがおすすめされています。
本当に自社ローンが低金利でお得ならば、銀行の自動車ローンなどの出番はないでしょう。
実際には自社ローンにはデメリットもあるので、銀行の自動車ローンの審査に通るならばそちらを選んだほうがよいでしょう。
金融事故を起こしている人など、なにか事情があって銀行やディーラー系のローン審査に通らない人向けのローンです。
金利が低いというポイントだけではなく、総合的にメリットがあるかどうかで判断することが重要です。

自社ローンを滞納したときの対処法

自社ローンは、自動車の販売店が独自に実施しているローンです。
金利がいくらになるか、手数料はとられるか、何回の分割払いが可能かは販売店によって異なります。
自社ローンの返済で滞納をした場合、ほとんどの契約では自動車を引き上げられることになっています。
契約内容によって扱いが異なるので、しっかりと確認しておきましょう。
よく、たった一回の延滞ならば契約を解除されることはないと考えている人がいますが、たった数日の延滞があっただけでも契約違反には変わりがありません。
一般的には延滞が3ヶ月続いていなければ強制解約とはならないようですが、自社ローンは販売店が独自に実施しているローンですので、契約内容によっては契約を解除されて自動車を引き上げられてしまう可能性もあります。
その場合でも、弁護士に相談をすればなんとかしてもらえることもありますが、なるべく滞納をしないように気をつけるようにしましょう。
販売店にもよりますが、たった一回の延滞だけならばきちんと連絡をして謝ることで許してもらえる可能性は高いです。